バイク(ハーレーダビッドソン)のカスタムは30年の経験があります。

ハーレーダビッドソンのカスタムについて20歳の時にショベルヘッドの中古を手に入れた時から30年ほどの経験があります。ほとんどのカスタムがエボリューションのエンジンタイプのカスタムですが、ショベルヘッドにしてもハイカムを入れてドラッグ風にかカスタムした経験があります。エボリューションでのカスタムはダイナグライドのノーマルからのカスタムになります。ダイナグライドはフレームとエンジンの間にゴム製ブッシュを噛まし、ハーレーでは一番振動が少ないタイプでもあります。まず始めはローダウンの為にフロントショックをショートフォークにして強化スプリングを入れます。これでフロントは5センチほどローダウンが出来、酷いギャップに乗り入れても底就きしないフロントフォークになります。リアーはショックアブソーバーが中心に入ったスプリングタイプがノーマルには付いています。それを5センチほど短いショートショックに交換、バネレートも5段階の一番固い物に調整します。どちらもハーレー純正でのパーツが数多くあるのでそこから選びます。また外品パーツも多いので悩む所でもあります。あとはハンドルをアップハンドルからバーハンドルに交換、それに伴うブレーキライン、スロットルラインを調整します。合わせてブレーキをパフォーマンスマシン製に交換します。これで前回りはメジャーなカスタムになりました。リアはシートをシングルシートに付け替えてフェンダーのみにします。後はアルミ削り出しのレバー、ステップ、タンクキャップを付ければアレンネスカスタムの完成です。リアタイヤをワイドにするカスタムも最近は増えて来ました。それも簡単でフロントスプロケット、リアスプロケットにワイドにする割合でカラーを噛まし、タイヤに合わせたスイングアームを組めば出来上がります。エボリューションのエンジンは電子制御の点火システムですので、オールドハーレーの様にアイドリングが500回移転まで落とせません、そこでポイント点火に変更して調整の効くSUキャブレターに交換します。ファンネルを付けると味がまた増すでしょう。これでいい本体の大まかなカスタムは完成です。あとは全体のカラー、タンク、サイドカバー、前後フェンダーの塗装を自分好みの色にして全体のカスタムは終わります。一連のカスタムは僕の好みで書きましたが、ハーレーは純正パーツで分厚い電話帳2冊分、外品パーツは電話帳3冊分のカタログから選べますので、無限大にカスタムが可能です。